ウイングツーリズムとは

海外からの患者受入れには言語や時差の問題に加え、ビザの取得や渡航・滞在手配などは病院での対応が困難であります。そのため、本格参入には専門の旅行会社との提携が必要となってきます。具体的には外国からの窓口となるJCI取得の施設では院内に専門の窓口を立ち上げるところが多いと言われています。
当社では医療観光に当る専任スタッフが内外の旅行会社とJCI取得施設にたいして患者の受入れのため活動しています。

ウイングツーリズムのビジネススキーム(事業概略)

メディカルツーリストの渡航目的は「最先端の医療技術」と「より良い品質の医療」を求めて渡航し、その他「待機時間の解消」「低コストの医療」を求める場であります。
医療ツーリズムは今までは新興国から先進国への渡航でありましたが、現在は先進国から新興国へ向かう流れが主流となっています。
一方、ビジネスを優先するあまり、海外の富裕層を優先し国内の地域医療に悪影響が生じる(地方の病院設備の老朽化や医師不足)との指摘もあり、地域医療の存続が課題となって医療ビジネスへの隔りを指摘する専門家もいます。
治療目的で外国人が訪れた際の滞在先での観光は医療など成長分野と連携した観光の促進などの取り組みを推進したい我が国にとって力を入れるビジネスであります。

≪お問い合わせ≫
ウイングツーリズムサポートセンター
窓口:飯塚
フリーダイヤル:0120-722-455
TEL:03-3588-0275 FAX:03-5570-5525
Mail:info@wingtourism.com

Comments are closed.